• もじゃハウスプロダクツ

昨夜、3度目の緊急事態宣言が発令されることが決まったというニュースをみながら、今年の夏もまだコロナ感染症による自粛生活が続きそうだと感じました。この夏こそ『House "n" Landscape』の新刊にとりかかるべく、もじゃもじゃな建物の取材を東京で行いたいと思っていた矢先だったので、今年もまた取材出張はお預けになりそうです。

『House "n" Landscape』の4号を出版したのが2017年4月なので、そこから丸3年経ってしまっておりますが、4号では台北で街歩きして撮影した建物を紹介した流れから、次号では台中のとある建物を取材したいと意気込んでいたのに、去年から台湾はおろか、東京取材も保留にしている状態が続いていて、目標通りに計画が進まないことに諸行無常を感じる今日この頃です。

ちなみに、私の座右の銘?は「諸行無常」なのですが、物事は思うようにいかない事の方が多いと思って生きる方が気が楽だという諦めの境地からそう思うようになりました。諦めが肝心とも言います。

ところがある時、曹洞宗のご住職でいらっしゃる親友のお父さんにその話をすると「諸行無常という言葉には続きがあって、諸行無常と諸法無我は一対ですよ」と教えて頂きました。私は仏教に詳しくないので「諸法無我」を知りませんでしが、調べてみると他者との縁の中で生かされているという意味だと分かりました。今コロナ禍の私は自分の計画が思うように進まず先も見えない状態ですが「今できることを続けていると、どこかで縁がつながって突破口がもたらされる」という前向きな意味を諸法無我に見出しつつ過ごしています。(諸法無我の仏教的な解釈とは少しずれているかも知れませんが…)

そんな日々です。

4月は年度末のとりまとめ仕事が年度をまたいでも終わらずに苦しんでいましたが、それも来週で終われそうです。5月からはコロナが収束した後の未来に向かって動かねばという気持ちで久しぶりの取り留めのない日記を綴りました。


7回の閲覧0件のコメント
  • もじゃハウスプロダクツ

最終更新: 4月21日

年度末の多忙な時期にソメイヨシノが咲いているという、足早な春の真っ只中にいる今日この頃。いつもなら、年度末の忙しさを乗り切った後にお花見の楽しみが待っているのに、今年はコブシの花とソメイヨシノが同時に咲いていて、年度末が落ち着いた頃には葉桜になってそうです…。悲しい。

そして本日、リフォーム会社ホームテック株式会社さんのリノベーションブランドサイト『entrie-エントリエ-』に、もじゃハウスのインタビュー記事が公開されました。


エイミーズトーク #41『人間と植物、2つの生き物の終の棲家をつくる』

もじゃハウスプロダクツ代表・干潟裕子

<前編>

https://entrie.net/amy/mojahouse1/

<後編>

https://entrie.net/amy/mojahouse2/


ちなみに、インタビューアーは友人でもある路上園芸学会の村田あやこちゃんです。彼女とは4年前にツイッター上で、江戸時代の園芸に関するおすすめ書籍の紹介と、植物に関するイベントのお誘いを交わしてから急速に仲良くなり、翌年には一緒に台湾に行き、台湾の植物や路上園芸を観察した仲です。

彼女と出会うまでは植物を愛する仲間とはなかなか巡り会えず、独立して4年間ずっと孤独に活動していましたが、今はイベントなどを一緒に企画できる仲間ができたことで、世界や人とのつながりを広げてもらいました。

そんな心の友(いや、もう親戚ですね)のインタビューはとても良いところを切り取ってくれていて、植物を仕事をするために忘れてはいけない事など、自分で読み返してもちょっと感動するような記事にしっかりとまとめてくれています。

去年はコロナの事もあり、何も動きのとれない一年でしたが、コロナ感染症の収束が見えるようになった折には、路上園芸学会さんと一緒にイベントや企画をするぞ!と作戦を練っているところですので、今後の動きもぜひご期待ください!


路上園芸学会ホームページ

https://botaworks.net/profile

6回の閲覧0件のコメント
  • もじゃハウスプロダクツ

年が明けて既に2ヵ月になろうかとしています。2021年の初投稿の今日はバレンタインデーです。

昨年はコロナ感染症の拡大で動きを封じられた一年となりました。本当なら今頃…と、パンデミックが起こらなかったifに想いを馳せたりする訳ですが、独立した時に「たら、れば」は言わないと心に決めたのを思い出し、どうにもならない事に対して焦るのを止め、今は成り行きを見守りながら粛々とできることをしていますが、世界の時間が丸ごと止まる未来が映画の中の話では無く、現実になるとは夢にも思わず、想定外な非日常感がまだぬぐえません。

そんな中でも、もじゃハウスのプランニングはずっと続けていて、模型も増え、現在は街並がつくれる程になってきました。写真の家は信楽焼きたぬきマニアの友人夫婦の家。家がタヌキのシルエットになっているのがお分かり頂けますか?タヌキマニアのご主人も、この模型の完成を喜んでくれました。

先週はインタビューを受け、このタヌキの家のプランニングプロセスなどをお話しました。記事になってwebに掲載されるのは来月以降ですが、とても久しぶりの取材だったこともあり、少しずつ成長している私の中の考えが記事になるのが楽しみです。掲載されたらお知らせします。


パンデミックが治まった際には、もじゃタウンとなった模型の展示イベントも開催や、ミニプレス誌「ハウス・アンド・ランドスケープ」の新刊発行に向けての取材再開をしたいと思っています。

まだ自粛生活の終わりが見えませんが、焦らずに、再会できる未来に向けた準備をしてまいりますので、2021年もよろしくお願いします。

2回の閲覧0件のコメント